渋谷の歯医者さんで虫歯菌の活動阻害の指導を受けよう

欧米では予防歯科という考え方が既に定着しています。日本でも、子供の虫歯を予防したいと考える方が増えています。

渋谷には予防重視の歯医者さんがあり、虫歯予防のためのアドバイスや指導をしています。

虫歯は、細菌に感染することで起きる病気です。

口の中には種類の数も大変多くの細菌が常在していて、その中の何種類かの細菌は食べ物の糖分をエサにして酸を作ります。

T-SITEについて紹介しています。

この酸が歯の表面を溶かしてしまうのが虫歯です。


渋谷の予防重視の歯医者さんでは、細菌が活発に活動することができない環境を整えることで虫歯予防をしています。虫歯菌は糖分が好物なので、飲食の度に酸を生成します。そして歯の表面が少しずつ溶け出しますが、食事が終れば唾液の働きで酸性に傾いた口の中は中和され、歯の表面から溶け出したミネラルも唾液から補給されて修復されます。つまり、口の中にいつも食べ物があると虫歯菌は活発に活動して酸を作るということです。
渋谷の予防重視の歯医者さんでは、患者さんの食生活、飲食をする回数や時間帯などをチェックして、口の中に食べ物が入っている時間が長いだらだら食いと一般に言われる習慣のある方には生活指導もしています。



食事が終わって、唾液が溶け出した歯の表面を修復する作用を再石灰化といいます。再石灰化の時間が十分確保できていれば、虫歯菌の活動を阻害することができます。


食事をした後口の中に残る食べかすにも糖質が含まれていますから、歯磨きをして取り除き月の飲食まで十分な時間をあけることがポイントです。



虫歯菌のエサとなる食べかすを効率よく取り除けるよう、渋谷の予防重視の歯医者さんではその方に適した歯磨きの方法も指導しています。