ノベルティグッズを選ぶポイント

ノベルティの強みは、現物が手元に残ることです。

たしかに消耗品タイプもありますが、社名・商品名などが記された便利アイテムなら長く消費者の手元に残るものです。それらは消費者の生活に溶け込んで、しっかりと宣伝効果を発揮してくれます。例えば夏の定番のうちわの場合、半数以上の消費者が手元に残すと報告されています。花火大会やパレードなどのイベントなどで、うちわは大活躍します。そこに社名や商品名を乗せておけば、少なくとも夏の間は人々の目に留まることになります。

このようにノベルティの選び方としては、時期や時流に応じて消費者が求めるものを割り出すことが大事になります。ノベルティを選ぶ際には、ターゲット層を絞ることが大事です。ターゲットが幅広いと、ありきたりなグッズしか選択肢がなくなるからです。他社との差別化を図るためにもターゲットの絞り込みは肝心です。それにより、配布後の効果の割り出しも効率よく行えます。

ノベルティグッズの選定で重要なのは、予算内で如何に宣伝効果の高いアイテムを見つけるかにかかっています。グッズ単価と配布数は密接に関係しており、宣伝効果とのバランスをとることが求められます。そして、グッズ配布後のマーケティングをしっかり行い、消費者によるコンバージョンを算出するのが大事になるわけです。その際には、コンバージョンの目標値も予め設定しておく必要があります。予算と目標値を比較することで、ノベルティのコストパフォーマンスが割り出されるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *