オリジナルノベルティを作る際に注意したいポイント

オリジナルノベルティを作りたいと思う場合、幾つかのポイントに注意することによって失敗を避けると同時に、宣伝効果を高めることができます。

一つのポイントは、ノベルティとして配布したいと思う品物に果たしてそれほどの需要があるかを考えるという点です。例えば、かつてはノベルティと言えばボールペンが主流になっている時代もありましたが、最近ではスマートフォンやパソコンの普及により、ボールペンを使って字を書く機会がぐっと少なくなっています。こうした現状を踏まえて、ボールペンよりも液晶画面を拭くクロスやマウスパッドなどの人気が高まっていると言われています。

また、オリジナルノベルティを作る際に注意したい別のポイントは、人前で使えるものかどうかという点です。高い宣伝効果を狙うあまり、企業名や商品名が目立ち過ぎて、受け取った人が人前では恥ずかしくて使えないと感じるとしたら、それは失敗と言えるでしょう。それで、企業名や商品名を入れる際には、デザイン性に凝ってお洒落な感じにするなら、人前でも使えるものになります。

加えて、オリジナルノベルティの製作においてポイントとなるもう一つの点は、長期にわたって使えるものにするということです。例えば、プラスチック製品に企業名を印刷するなら、時間の経過とともに剥がれてきて不明瞭になってしまいます。これに対して、タオルや手ぬぐいといった布製品にするなら長い期間にわたって使ってもらうことができるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *