ノベルティの作り方や配布方法

ノベルティを企業やイベントの販促品として活用する際は、ただやみくもに配るのではなく取り込みたいターゲットに適した配布方法や素材を使わなくてはいけません。

そのためには、まず顧客の興味を惹くようなデザインや商品について十分なリサーチをしておくことが大切です。たとえばターゲットの職業や立場が違えば、当然欲しい物や使用している道具もまったく違います。ましてや年齢や性別が違えば、なおさらその傾向が強まるといえるでしょう。配布対象のそういった細かなデータの収集や分析も、ノベルティ作りにおいては欠かせない作業となります。

そうでなくては、せっかく作成したグッズを受け取ってすらもらえないことにもなりかねないからです。ただ顧客の欲しい物を配布したからといって、こちらの希望通りの宣伝効果を得られるとは限りません。配布した物を必ず使ってもらえる保証もなければ、使用してすぐに壊れてしまうこともあるからです。そうなるのを避けるためにも、万人向けの物や耐久性の高い商品をチョイスすることも必要といえます。

たとえば筆記用具やポケットティッシュは、年齢性別職業問わず使えるアイテムとして重宝されています。これらは耐久度もそれなりに高いだけでなく、持ち歩いたりしながら長く愛用してもらえるためそのぶん宣伝効果も高くなります。またそういったオーソドックスなグッズ以外にも、あえて珍しいノベルティを作成するというのも一つの方法です。そうやって収集家の興味を惹き、オークションやSNSで取り上げてもらうことで二次的な宣伝効果が狙うこともできます。しかし狙い通りに事が運ぶかは未知数のため、その場合はリスク管理をあらかじめしておくことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *