ノベルティで攻めの販促活動をする

ノベルティを製作すると自社名や製品名を効果的にアピールできます。

単なるチラシや看板のような受け身の宣伝媒体ではなく、無料で配布するという攻めの宣伝媒体なので消費者の気を引きやすく、導入している企業は多いです。センスの良いノベルティを作ることができれば、それ自体に人気が出ることもあり、自社製品を広く世の中に広めることも可能となります。ノベルティには2種類のタイプがあり、通行人に数多く配布するタイプと、展示会などに来てくれた人に記念品として限定配布するタイプがあります。

前者ではポケットティッシュやうちわ、マスクなどが王道で、後者では本革の手帳や切子グラスなどが用意されることも多いです。ポケットティッシュと本革では単価が全く違いますが、それぞれに役割があるため、単価が非常に安いポケットティッシュに価値がないということは決してありません。むしろ、ポケットティッシュは定番中の定番となるくらい優秀なグッズで、表面に自社名や製品名を大きく印刷することができます。

ティッシュを取り出すたびに印刷された自社名や製品名を目にするため、受け取った人の記憶に残りやすいです。印刷については、大々的に印刷してしまうと返って使いにくいという場合もあり、特に年配の世代の方に受けが良くないこともあります。さり気なくアピールする方が予想以上の反響を得られることもありますので、自社製品のターゲットを明確にしてから印刷デザインを考える方が良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *