ノベルティグッズを制作するならステーショナリー系

ノベルティグッズに求められるポイントは、いくつかあります。

まず最初に大事なのがコストパフォーマンスの良さです。販促費を湯水のように使える大企業であれば、潤沢な製作費が用意出来ます。一方で個人商店や中小企業の場合、そういった大胆な事は出来ません。限られた宣伝費の中から、ノベルティグッズの制作費を捻出しなければならず、また少量だけではマーケティングの効果が十分に発揮出来ません。宣伝効果は配布した数と比例しますので、限られた予算をフル活用して、大量発注できる素材がオススメ、具体的にはステーショナリー系アイテムがベストです。

消しゴムや下敷き、ボールペンやシャープペンシル、鉛筆などのノベルティグッズが適しています。文具類は単価がお安く、大量発注しても、一つ一つのアイテムが小さくて軽いです。管理場所も一般的な倉庫でOK、特別な設備を用意しなくて良いので扱いやすいです。個人の店舗や企業の倉庫で、無理なく保管出来るのもステーショナリー系ノベルティグッズの利点となります。

大型のグッズだと保管場所を別途用意しなければならず、また配布するイベント会場や店舗まで輸送費が掛かってしまう恐れがあります。鉛筆やボールペンなどであれば制作費は激安であり、一度に大量発注すれば単価をよりお安く出来ます。老若男女問わず文房具は毎日の暮らしや仕事の中で使うので、配布すれば自然と不特定多数の人々の目に留まるでしょう。ノベルティグッズに店舗名や連絡先、SNSのIDなどをプリントアウトしておけば、受け取ってくれた方が自然とそこに注目してくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *