受け取る側の気持ちを考えたノベルティグッズを

自社商品のネーミングや企業名を覚えてもらいたい、その気持ちが強すぎると、消費者にとってもらって嬉しくないノベルティになってしまう可能性があるため注意が必要です。

メッセージ性を含めるのは良いですが、それがあまりにも強いと、本来のグッズの使い方がままならなくなったり、デザインもイマイチになってしまうことがあります。印刷面に広告や企業名を入れるのであれば、バランスを考えて色やサイズにも配慮が必要です。大切なのは顧客や消費者がノベルティを目にした時に、欲しいなと感じられるかどうかにかかっています。いくら自信作であっても、ノベルティは配布をするベストなタイミングを逃さないことです。

日本には四季があるので季節感を考えること、配る場所も踏まえてのアイテム選びと配布をするようにします。ブランドのイメージを向上させるためにも、いつ配るかのタイミングは大事です。その上ですぐに使うことのできる、のどを潤すことのできる飲料水だとか、ウェットティッシュを配るのも良い考えになります。

見た目のデザインも良くて便利なアイテムなはずなのに、なんだか反響がさほど良くないと感じたら、用意したアイテムのサイズを確認することです。少し大きすぎたりかさばる物は、持ち運びがしにくくておいて行かれることもあります。配布をするノベルティグッズの大きさは、基本的にコンパクトな方が持ち帰りやすいですし、受け取った側も荷物にはなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *