店舗で配るノベルティの注意点

ノベルティは、店舗の開店記念などにいつも利用している顧客に記念品として配られることがあります。

基本的には無料で配布するものですから、用意するときは費用に気をつけることをお勧めします。と言っても、店舗で顧客向けに用意するノベルティは、感謝だけでなく宣伝の意味があるので注意が必要です。しばらくしてから、相手がどこでもらったものかわからなくならないように品物にはロゴを入れておくことをお勧めします。ノベルティは、専門業者などに依頼してその都度作成しているという人も少なくありません。

よくあるのは、既存のシンプルなボールペンに店舗のマークやロゴを印刷してもらったものです。文房具なら単価も安く、誰もが使うものなので受け取る側にとっても困りません。置き場所や使い道に困るようなノベルティは、逆に相手に迷惑になってしまうので避けた方が無難です。高価な置物や製品を配りたいときは、ロゴをあまり大きくなくする方が喜ばれます。

小物でお財布やカードケースをノベルティとして作成する人もいますが、ロゴが大きく印刷してあると格好が悪いと思う人も少なくありません。さりげなく、もらった相手がしばらくしてからどこでもらったものか認識できる程度がお勧めです。業者に依頼して作成する場合、数が多いほど単価は安くなる傾向があります。ただし、安くなるからと言って作りすぎると余ってしまうので注意してください。あくまでも記念品ですから、配布できる期間も限られていることを頭に入れておくことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *