効果的なノベルティ選び

ちょっとしたものであっても、人から何か物をもらうと嬉しいものであり、その心情を利用したのがノベルティです。

ポケットティッシュのようなものであっても、誰もが日常的に使うものでもあり、もらった時には何かと役立ちます。もう少し予算をかけるのであれば、ボールペンもあります。これも年齢問わずに多くの人が使うものです。これらのアイテムをただ配るのでは意味がないことになり、ノベルティは宣伝したい企業名や商品名などの印刷を入れて渡すことになります。ポケットティッシュやボールペンに名入れをしておけば、何度も使うことから一つの物で何度もアピールすることができます。

けれども、どちらも消耗品で限りがあります。中身のティッシュペーパーやインクがなくなってしまえば捨てられてしまうことになり、宣伝活動もそこまでとなってしまいます。もう少し長く宣伝効果を維持させたいという場合、予算は上がりますがタオルをノベルティにしてみると役立ちます。タオルもどの家庭でも使うものであり、企業向けに渡した時には社内で使ってもらえることもあります。

タオルは、汚れたら洗って繰り返し何度も使うことができるため、愛用してもらえれば一枚で何年も宣伝し続けることにもなります。人目につく場所に置いてもらえれば宣伝できる人数も多くなり、洗面所用となるとトイレを使用するみんなが見ることになります。ノベルティは、予算に合わせて選ぶことも重要ですが、宣伝効果の持続性についても考えてみる必要があります。長く宣伝できれば、結果的に何度も渡す必要もなくなるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *