ノベルティーは配布後に商談につなげる工夫が必要

拡販ツールとしてノベルティーが利用される事は少なくありません。

最も多くの人に配布する場合には、単価が安いボールペン等が定番商品です。ノベルティーを配布する目的が、企業名や商品・サービス名の認知度を高める目的だけなら、予算内で多くの人に配布すれば良いと言えます。しかし少し大きな販売金額の拡販を狙う場合には、もう少し単価の高いものを配布し、それを手渡す代わりに、その後に個別に営業活動を掛けられるようにする戦術を採るとより効果的と言えます。

例えばマンションのモデルルームの内覧会に来られた方に、住所氏名を記載したアンケートを書いてもらい、それと交換で洗剤詰め合わせ等の品を配布すると言った方法です。またBtoBビジネスの例としては、業界の展示会イベントで自社のブースに興味を持たれている訪問者に、カタログと共にレターセット等のビジネスユースでも利用できる品を配布し、それと交換する様に名刺をもらうと言う方法があります。

こうしたやり方なら、前者の例ではアンケートを分析して見込みのある訪問者に個別アプローチを掛けて売り込む事につなげる事が出来ますし、後者の例では名刺を分析し、自社商品の需要が見込める企業なら、後日アポイントメントを取ってその会社を訪問し、ゆっくりと自社商品をPRする活動へとつなげる事が出来ます。ノベルティーを活用する場合には、配布する目的をどこに置くかを明確にして行う事が大切なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *