ノベルティとして役立つタオル

ノベルティとして、タオルをもらったことのある人もいるのではないでしょうか。

一般的な粗品タオルでは、白無地に紺色のインクで企業名や電話番号、住所などのプリントが入っています。しかし、白ではなく黄色やオレンジなどの色がついたものであれば、それだけでも他の粗品タオルとの差がつきます。生地の色だけでなくプリントされる文字の色も変えることができ、ノベルティタオルには豊富なバリエーションが用意されています。一枚でも多くの人に渡したいという場合には、一番リーズナブルでオーソドックスなものが向いています。

けれども、高額な商品を買ってもらったお客さんへのプレゼントとして用意したいという場合であったり、長年お世話になっている取引先へ渡したいという場合には、差別化をしたものを選びたいものです。ノベルティ用に企業名など名入れをする方法は、プリントだけではありません。刺繍という方法もあり、これはより上質に見せることができます。

刺繍糸は光沢感があるので、綿素材のタオルにも高級感を与えます。プリントでは、インクジェット印刷にすることで全面に絵柄や文字を入れることができますが、刺繍ではごく部分的なものとなります。糸を重ねて作るため、どうしてもその部分は固くなってしまうのです。刺繍以外にも、上質感を出すには厚みのあるタオルを選んだり、ジャガード織りなどの織り柄の入ったものにする方法もあります。ノベルティ商品を上質にしたのなら、入れる袋も箱にしてもらうと効果的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *