うちわをノベルティとして利用するメリット

ノベルティに活用されるアイテムには様々な種類がありますが、うちわは夏の定番として広く使用されています。

ノベルティにうちわを利用するメリットとしてまず挙げられるのは、実用性が非常に高いことです。夏の暑い日に街頭でうちわを配布すれば、多くの人が受け取ってくれるでしょう。また、他のアイテムを街頭で配布したとしても、受け取ってもらった後はカバンなどにしまわれてしまいますが、うちわは使用しながら移動してもらえます。これにより、周囲の人の目にも触れる機会が増えることで、実際に配布していない人に対する宣伝効果も期待できます。

さらに、うちわは単価が安く、印刷面が広いというメリットがあるアイテムです。両面にフルカラーで印刷できるため、他のアイテムに比べてデザインの幅が広く、多くの情報を記載できます。ただし、印刷面が広いからといって過度に情報を詰め込み過ぎてしまうと、本当に伝えたい情報が埋没してしまう恐れがあるため、デザインする際は注意が必要です。また、うちわは自宅に持ち帰ってから長期間保管する人が多いアイテムでもあります。

うちわには、柄が付いたタイプと付いていないタイプの2種類ありますが、特に柄の付いているタイプは丈夫なので保管しやすいという特徴があります。場合によっては数年間にわたって使用し続けてもらえることもあるため、うちわは宣伝効果が長期間持続するアイテムと言えるでしょう。一方で、イベントの宣伝など短期間のキャンペーンなどの場合は、より単価の安い柄の付いていないタイプの方が適しています。うちわをノベルティとして利用する際は、目的に応じて適切なタイプを選択しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *